VASCOは、ヘルスケア業界向けにアイデンティティの証明、資格審査や認証機能を組み込んだソリューションを立ち上げ、信頼されたデジタルアイデンティティを提供します

MYDIGIPASS for Healthcare は、電子処方におけるコンプライアンスを確保し、電子カルテアプリケーションや患者向けポータルへのアクセスについてさらなるセキュリティを提供します。

2016年7月21日 - 認証セキュリティ、デジタル署名、アイデンティティ管理におけるリーディングカンパニーである株式会社 VASCO Data Security Japan (バスコ・データ・セキュリティ・ジャパン、東京都千代田区、本社:米国イリノイ州、NASDAQ:VDSI、以下「VASCO」)は、ヘルスケア業界や、生涯電子カルテ(Electric Health Record, EHR)/電子カルテ(Electronic Medical Record, EMR)、電子処方(Electric Prescribing, eRx)、患者向けポータルアプリケーションなどヘルスケア関連のITアプリケーションベンダー向け包括的ソリューション「MYDIGIPASS for Healthcare」を発表しました。

MYDIGIPASS for Healthcareは、アイデンティティ証明、資格証明の発行および送付、認証サービスまでを、単独のクラウドベース・プラットフォームとして提供する包括的なソリューションです。アイデンティティ証明は、直接のビデオ通話または遠隔での知識認証(Knowledge-Based Authentication, KBA)のどちらかの方法で行います。

ヘルスケア業界向けにソリューションを提供するITベンダーや病院は、VASCOのMYDIGIPASS for Healthcareにより、米国麻薬取締局(DEA)の定める規制薬物の電子処方に関する暫定最終規則(Interim Final Rule, IFR)や、電子処方を必須化したニューヨーク州、メーン州の法令や規則などを遵守することが可能となります。更にVASCOのMYDIGIPASSは、SAFE-BioPharmaトラスト フレームワークにおいて、Level of Assurance 3(LOA 3)という保証レベルを持つ資格証明サービスプロバイダーとして認定されています。

MYDIGIPASS for Healthcareは、FIPS 140-2 Level 2 認定のワンタイムパスワード製品である「DIGIPASS GO 7」ハードウェアトークンや、DEA準拠のソフトウェアで通信サービスなしでも動作するモバイル認証アプリケーション「DIGIPASS for Mobile」、暗号化されたセキュアなコミュニケーションチャネルを利用する「DIGIPASS for APPS」など、さまざまな認証トークンをサポートしています。

MYDIGIPASS for Healthcareの特徴は、より高いレベルのサービスとシンプルで一貫したエクスペリエンスを、単一のプロバイダーにより迅速に実装してユーザーに提供できるという点です。

ヘルスケアプロバイダーや患者は、ヘルスケア組織が一施設であっても全国規模のネットワークにまたがっていても、MYDIGIPASSを利用することにより一つのソフトウェアまたはハードウェア認証トークンで全てのアプリケーションに簡便にアクセスすることが可能です。これによって各ユーザーは、最高レベルの信頼とセキュリティを備えたデジタルアイデンティティを保持できるようになります。

「高度に自動化された臨床現場のワークフローをデジタル化するという夢を実現するため、ヘルスケアプロバイダーは途方もない前進をしてきました。しかし、そのデジタル化されたワークフローは、必ずしもセキュアではありません」と、VASCO の代表取締役および COOであるヤン・バルキ (Jan Valcke) は述べています。「多くのヘルスケア組織が、今でも単純なユーザーネームとパスワードをアクセス保護に使っていますが、最先端の技術を駆使するハッカーが患者の機密情報を狙っていることを考えると、その事実は重大なリスクを抱えているといえます。ヘルスケア業界こそが、ハッカーに打ち勝ってきた我々の20年の歴史が大きな変化をもたらしている領域なのです。」

VASCOについて
VASCO(VASCO Data Security International)は二要素認証と電子署名を金融機関に提供するグローバルリーディングカンパニーです。世界のグローバルバンクTop 100に名を連ねる銀行の半数以上がVASCOのソリューションを採用し、強力なセキュリティ機能とモバイルアプリケーションの保護、規制当局の要求事項への遵守を実現しています。また、VASCOはクラウド内のデータやアプリケーションへのアクセスをセキュアにし、ウェブベース/モバイルアプリケーションにセキュリティ機能を手軽に組み込める開発者向けツールも提供しています。100 カ国以上 10,000 社を超える企業や公的機関を顧客に持ち、セキュアなアクセス、アイデンティティ管理、トランザクション認証を日々守り続けています。VASCOのソリューションは、主に金融、エンタープライズセキュリティ、電子商取引、公的機関、ヘルスケア市場などで活用されています。

■本リリースに関するお問い合わせ先:
VASCO Japan広報担当:03-3507-5750

Trademarks VASCO®, DIGIPASS® and the VASCO_(V)_logo_black_small logo are registered or unregistered trademarks of VASCO Data Security, Inc. and/or VASCO Data Security International GmbH in the U.S. and other countries

This website uses cookies to improve user experience, functionality and performance. If you continue browsing the site, you consent to the use of cookies on this website. Note that you can change your browser/cookie settings at any time. To learn more about the use of cookies and how to adjust your settings, please read our cookie policy.