PointClickCare Technologiesが電子署名による安全なデジタルオンボーディングを実現するためeSignLiveを統合

特許権を有するアクティブ・オーディット・トレイルとHIPAAコンプライアンスを提供するeSignLive電子署名ソリューションにより、入居者データのセキュリティと完全性を確保します。

2017年3月23日 – アイデンティティ、セキュリティ、業務生産性に関わるデジタルソリューションのグローバルリーダー、VASCO Data Security International, Inc.(NASDAQ:VDSI)は本日、クラウドベースの高齢者介護事業者向けソフトウェアプラットフォームを運営するPointClickCare Technologies Inc.がeSignLive電子署名をPointClickCare Document Managerソリューションに統合したことを発表しました。この統合により、シームレスかつ効率的なオンボーディングプロセスが可能になると同時に、長期ケアプロバイダーは入居者情報の精度とセキュリティを改善することができます。 

オンボーディングからインデックス化、アーカイブ、リトリーブまで、eSignLive電子署名は、入居・退去プロセスや日々の書類管理を効率化します。特許権を有するアクティブ・オーディット・トレイルを備え、HIPAA(医療保険の携行性と責任に関する法律)に準拠したeSignLiveにより、PointClickCare Document Manager内で署名、処理、保管された書類はすべて、セキュリティとコンプライアンスが確保・維持されます。 

「患者の幸福に加え、個人情報の保護は、ヘルスケアプロバイダーが最優先にすべき事項です」と、VASCOのセールス・マーケティングNA担当バイスプレジデント、アイリーン・ボークト(Ilene Vogt)は語っています。「当社はHIPAA準拠ソリューションの提供を通じて、ヘルスケア機関によるコンプライアンスとセキュリティ標準の達成の支援に取り組むとともに、不正防止管理や詳細なオーディット・トレイルを提供しています。このような安全対策によって、より透明性の高いプロセスを実現し、説明責任を確保しています。」 

一般に、長期ケア施設における入居者のオンボーディングには、ふたつの個別のプロセスが必要です。まず、入居者データを電子カルテ(EHR)プラットフォームに入力します。その後、同じ情報を再度、電子書式または紙の書式に入力します。PointClickCare Document Managerは、入居者情報をEHRから直接読み出し、そのデータを所定の書類に自動的に入力するため、二重の入力作業は必要ありません。これによって時間が短縮されると同時に、プロセスの正確な実行が保証され、コンプライアンス要件が満たされ、簡単にアクセスできる形で入居者書類を一カ所に集中保管できます。 

「VASCO Data Securityのようなパートナーと協力することにより、日々の業務プロセスの改善に役立つソリューションを顧客に提供することができます」と、PointClickCareの経営企画担当シニアバイスプレジデント、デビッド・ベルベック(David Belbeck)は述べています。「当社は、お客様による迅速かつシームレスな患者オンボーディング管理を支援するため、Document ManagerソリューションにおけるeSignLiveの活用を選択しました。ケアプロバイダーの目標は、最高品質のケアを、可能な限り効率的な方法で提供することです。今回のeSignliveの統合により、お客様がこうした目標を達成できるようになると考えています。」eSignliveとPointClickCare Document Managerとの統合について、また、今回の統合がケアプロバイダーの内部効率の改善およびオンボーディングプロセスの合理化に度のように役立つかについて、詳しくはウェブサイトwww.himsslearn.org/e-signatures-digital-onboarding-your-healthcare-organizationをご覧ください。


VASCO®のeSignLive™について 

eSignLive™は、世界的に信頼の高い多くのブランドで採用されている電子署名ソリューションです。規制業界やトップアナリスト企業は、最高レベルのセキュリティ、コンプライアンス、可監査性と使いやすさとを両立させながら、最もシンプルな社内の署名ワークフローから最も複雑な顧客との直接取引まで、どんなプロセスでも自動化するeSignLiveの能力を高く評価しています。クラウドでもオンプレミスでも利用可能で、ホワイトラベル化機能をフルに備えたeSignLiveは、御社の組織全体のデジタル変革戦略をサポートします。eSignLiveは、VASCOのグループ企業Silanis Technology Inc.の商標です。詳しくは、ウェブサイトwww.esignlive.comをご覧ください。

 

Copyright © 2017 VASCO Data Security, Inc., VASCO Data Security International GmbH. All rights reserved. VASCO® and eSignLive™ are registered or unregistered trademarks of VASCO Data Security, Inc. and/or VASCO Data Security International GmbH, or Silanis Technology Inc. in the U.S. and other countries. All other trademarks or trade names are the property of their respective owners. 

-30- 

VASCOについて

VASCO(VASCO Data Security International)は二要素認証と電子署名を金融機関に提供するグローバルリーディングカンパニーです。世界のグローバルバンクTop 100に名を連ねる銀行の半数以上がVASCOのソリューションを採用し、強力なセキュリティ機能とモバイルアプリケーションの保護、規制当局の要求事項への遵守を実現しています。また、VASCOはクラウド内のデータやアプリケーションへのアクセスをセキュアにし、ウェブベース/モバイルアプリケーションにセキュリティ機能を手軽に組み込める開発者向けツールも提供しています。100 カ国以上 10,000 社を超える企業や公的機関を顧客に持ち、セキュアなアクセス、アイデンティティマネージメント、トランザクション認証を日々守り続けています。VASCOのソリューションは、主に金融、エンタープライズセキュリティ、電子商取引、公的機関、ヘルスケア市場などで活用されています。

■本リリースに関するお問い合わせ先:  
  VASCO Japan広報担当:03-3507-5750

Media contact:  
Sarah Hanel  
eSignLive by VASCO  
250-216-1762  
sarah.hanel@esignlive.com

This website uses cookies to improve user experience, functionality and performance. If you continue browsing the site, you consent to the use of cookies on this website. Note that you can change your browser/cookie settings at any time. To learn more about the use of cookies and how to adjust your settings, please read our cookie policy.