IDENTIKEY Authentication Server

IDENTIKEY Authentication Serverは、最先端認証ソリューションによって、アクセスセキュリティに関する懸念を解消したいと考えているあらゆる規模の企業のニーズに対応した認証ソフトウェアパッケージです。

SC Magazine 5 star rating - 265 x 220

管理プラットフォーム

IDENTIKEY Authentication Server (IAS) は 、包括的かつ柔軟な集中型認証プラットフォームです。 単一の統合型システムにより、完全な認証ライフサイクル管理を行うこと ができます。SSL VPNからクラウドベースアプリまで、 企業が保有するあらゆるリソースやアプリケーションへのセキュアでシームレスなアク セスを実現し、VASCOが提供している認証/署名ソリューションの全種類をサポートして、管理者およびユーザーの双方による認証管理を簡素化します。IASは、バンキング、金融サービスはもとより、従業員、パートナー、顧客向け認証スキーム管理の集中化・簡素化を図りたいどんな企業にもぴったり適合するソリューションです。

包括的でセキュアなアクセス

IASは、SSL VPNからクラウドベースのアプリケーションまで、企業が保有する実質上全てのリソースに対し、セキュアで集中化した一貫性のあるアクセスを実現します。対応可能なリソースには、以下が含まれます。

  • ファイアウォールおよびVPN

  • ウェブベースのポータル/Outlook Web Access

  • Microsoft Office 365

  • Citrixソリューション

  • VDIソリューション

  • SaaSアプリケーション

  • リテール/コーポレートバンキング・アプリケーション

  • 医療/EHRアプリケーション(Epic Hyperspaceなど)

IASは、SOAP APIを通じてウェブベースのいかなるアプリケーションにもリンクできるため、サーバーの変更が簡単にできます(この機能をスムースに組み込めるよう、要望に応じてSDKを提供いたします)。IASとIDENTIKEY Federation Serverとを組み合わせれば、SAMLによるウェブアプリケーションへのシームレスなSSO(シングルサインオン)が実現できます。

完全な認証サポート

IASは、以下に挙げるVASCOの認証技術ラインナップの全てを幅広くサポートしています。


  • OTPによる多要素認証

  • チャレンジ/レスポンス認証

  • プッシュ通知

  • 電子署名

  • CRONTOおよびBluetooth技術

  • DIGIPASS for Mobile

  • DIGIPASS for Web(ゼロフットプリント)

  • DIGIPASSハードウェア

  • DIGIPASSソフトウェア

  • 帯域外ワンタイムパスワード(OOB OTP)配信(SMS、電子メールなど)

インストールおよび管理の集中化

IASには、インストールおよび管理の簡素化・集中化に必要なあらゆるツールが用意されています。分かりやすいインストールウィザード(Installation Wizard)が、設定プロセスを最初から最後まで誘導します。単一のウェブベースのアドミニストレーションインターフェース(どのブラウザーでも、ネットワークのどこからでもアクセス可能)により、リモートアドミニストレーション・管理が簡素化されます。また、ヘルプデスク・ダッシュボード(Helpdesk Dashboard)を利用すれば、スタッフがより迅速かつ的確にユーザーサポートを行うことができます。さらに、表示の一元化により、アドミニストレーターは、ヘルプデスク・ダッシュボードを通じて、ユーザー情報(ステータス、履歴など)やDIGIPASSに関する詳細情報に簡単にアクセスし、必要に応じて迅速にレポートを作成することができます。

スケーラブルなアーキテクチャー

IASは、ほんの数人から数十万人単位まで、あらゆる規模のユーザーをサポートします。しかも、導入に当たって、企業にとってミッションクリティカルなアプリケーションの機能性や操作性に影響を及ぼすことはありません。複数のプラットフォーム上で動作できる上に、大規模導入時にはプロビジョニングサポートを提供し、冗長性や自動レプリケーション、サーバーのフェイルオーバーを実現します。さらに、IASはユーザーの追加も簡単で、既存のITインフラを変更することなく拡張できます。ユーザーやアプリケーションの追加・拡大は、ライセンスの追加と同じように簡単に行えます。

手間のかからない展開

IASは、スムースな展開と既存システムからの移行を促進するためにアドミニストレーターが必要とする全てのツールを提供します。そのひとつである内蔵型の自動導入機能は、サポートやヘルプデスクの必要性を低減します。IASは全ての既存インフラ上でシームレスに動作するので、専用のサーバーやアプライアンスは不要です。データストレージは、Active DirectoryやさまざまなODBC準拠データベースに統合できるため、既存のデータベースを変更する必要もありません。

幅広いソフトウェアモジュールが用意されており、Juniper SBR(リモートアクセス)、Microsoft ADFS(Office365などのクラウドアプリケーション)、EPIC Hyperspace(医療分野におけるEPCS(規制薬物の電子処方))、Citrix Storefront(仮想環境)をはじめとするサードパーティシステムの認証プロセスに直接組み込むことができます。

自己管理用ウェブサイト

IASには、ユーザーフレンドリーな自己管理用ウェブサイトが付属しています。そのウェブサイトを通じて、エンドユーザーは、自分自身でアカウントの一部やDIGIPASSを管理できます。ユーザー自身がDIGIPASSハードウェア/ソフトウェアの割当やアクティベーション、PINや固定パスワードの更新、アカウントのアンロック、ログイン プロセスの試験、その他さまざまな機能を非常に簡単に実行することができます。

IAS Platform Editions


Included Authentication ClientsStandard EditionGold EditionEnterprise EditionBanking Edition
RADIUS authentication (+WAP)
Webfilters (OWA, CWI, StoreFront, RDWA, Generic) 
Desktop Windows Logon  
SOAP authentication  
SOAP e-Signature  option
EMV-CAP   
HSM interface  optionoption
SBR, ADFS3.0, EPIC Modules  


IAS Supported Environments


Operating System
(Windows)

  • Windows Server 2008 R2 with SP1 (64-bit)
  • Windows Server 2012 (64-bit), 2012 R2 (64-bit)
  • SBS2011(64-bit)
  • Windows Server 2012 Essentials (64-bit), 2012 R2 Essentials (64-bit)

Operating System
(Linux distributions)

  • SUSE Linux Enterprise server 11SP3 (64-bit)
  • Ubuntu Server 12.04.03 LTS, 14.04.03 LTS (64-bit)
  • Redhat Enterprise Linux version 6.6 (64-bit)
  • CentOS 6.6 (64-bit)

Virtual environments

  • VMware ESXi Server version 5.5
  • Citrix Xenserver 6.2
  • Microsoft Hyper-V (WS2008R2, WS2012, WS2012R2)

Supported web servers

  • Apache Tomcat 8.0.26
  • IBM WebSphere Applications Server 8.5.5
    • Should include Java: JRE8, JSP2, JS2.4

Supported Webbrowsers

  •  Chrome 41, Firefox ESR38, Internet Explorer 9, 10, 11

Data Store (DBMS)

  • Oracle 12c (64-bit, Linux, Windows)
  • Microsoft SQL Server 2008 R2SP2, 2012SP1, 2014 (Windows)
  • PostgreSQL 9.2.7 (Linux, Windows)

Data Store (Active Directory)

  • Windows Server 2008 R2 AD
  • Windows Server 2012 AD, 2012 R2 AD

LDAP Back End Authentication

  • Windows Server 2008 R2 AD
  • Windows Server 2012 AD, 2012 R2 AD
  • NetIQ eDirectory 8.8 SP8
  • IBM Security Directory Server 6.3

HSM

  • Safenet ProtectServer Gold, Orange, Express
  • Thales nShield Connect, Solo (on selected platforms)


Compliance To Standards


RADIUS

RFC 2865 and RFC 2866

Wireless

EAP, PEAP

Authentication

  • DIGIPASS OTP (Challenge / Response, response Only)
  • DIGIPASS Signature (Transaction Data Validation)
  • OATH (event based – time based)
  • EMV-CAP

IAS System Requirements

Processor

  • 1.4GHz for 64-bit architectures*

*The following conditions may increase the load of the CPU:

  • Large number of authentication, accounting, signature validation,
    provisioning, or reporting requests
  • RADIUS requests proxied to RADIUS server
  • One or more active audit consoles
  • One or more active administrative sessions
  • ODBC auditing enabled

Memory

  •  4GB for most operating systems*

*The following conditions may increase memory requirements:

  • User cache enabled with a large number of users to be cached
  • Extensive reporting

Disk Space

  • Minimum disk space of 60 GB*

*The following conditions may increase disk space requirements:

  • Large number of user and device records
  • High number of reports
  • Unarchived audit log files

Display

  • Minimum resolution of 1024x768

ダウンロード

製品概要

IDENTIKEY Authentication Server 3.9

リモートアクセスは企業ネットワークにおいて最も便利な反面、脆弱な点でもあります。 今日、企業のシステムおよび機密情 報に対しては何らかの保護対策を行う必要があります。 個別に割り当てられたDIGIPASS認証トークンから動的に生成さ れるワンタイムパスワード(OTP)を各ユーザが使用することにより、自身のアイデンティティを簡単および迅速に立証する ことができます。 また、トランザクションに対して署名を行い、そのトランザクション内容の完全性の検証も行うことができま す。

にご興味ありますか?

当社からすぐにご連絡差し上げます。

関連製品

This website uses cookies to improve user experience, functionality and performance. If you continue browsing the site, you consent to the use of cookies on this website. Note that you can change your browser/cookie settings at any time. To learn more about the use of cookies and how to adjust your settings, please read our cookie policy.