Virtual DIGIPASS

Virtual DIGIPASSは、ユーザー認証や電子署名のための、ユーザーフレンドリーで費用対効果の高いソリューションです。ユーザーIDとPIN(暗証番号)を入力するだけで、ワンタイムパスワードがSMSを通してすぐに携帯電話に送られます。Virtual DIGIPASSは、バックアップの認証手段としてもメインの認証手段としても利用いただけます。

Virtual DIGIPASS - 260 x 225

メリット

代替的な認証方法Virtual DIGIPASSは、デバイスをなくした場合の代替的な手段です。デバイスをなくすと、ヘルプデスクを通じてユーザーアカウントの固定パスワードのリセットが必要になるなど、いくつかの予期しないコストが発生します。また、ユーザーがアプリケーションにログインできないため、生産性も失われます。

隠れたコストを減らし、生産性の損失をなくす Virtual DIGIPASSは、このような隠れたコストを減らし、さらにはなくすための完璧なソリューションです。

強力な二要素認証による継続的なメリットインテグレーション時に、ヘルプデスクとのやりとりや専門知識は必要ありません。また、ハードウェアやソフトウェアデバイスも不要です。その結果、サービスの継続性が保証される一方、認証のセキュリティが維持されます。これにより、総所有コストが下ります。

使用方法

Virtual DIGIPASSは、ゲートウェイサービスとのインターフェースとして機能するメッセージ配信コンポーネント(MDC)という追加コンポーネントを用いて操作し、ワンタイムパスワードを携帯電話に送信します。MDCはサービスとして、IDENTIKEY Authentication Serverからのメッセージを受け取ります。これらのメッセージは、その後、HTTP/HTTPSプロトコルを通じてテキストメッセージゲートウェイに転送されます。Virtual DIGIPASSは、追加のライセンシングが必要ですが、IDENTIKEYをインストールした場合には必ず利用できます。VACMAN Controllerベースのインテグレーションに、そのライセンシングを実装する必要があります。

ダウンロード

にご興味ありますか?

当社からすぐにご連絡差し上げます。

This website uses cookies to improve user experience, functionality and performance. If you continue browsing the site, you consent to the use of cookies on this website. Note that you can change your browser/cookie settings at any time. To learn more about the use of cookies and how to adjust your settings, please read our cookie policy.